精密板金加工・製缶加工のIMCとは? 精密板金加工と製缶加工技術の融合

板金技術と製缶技術を融合させた形状製作を得意とし、時代の要求にマッチした製品を追求しています。

詳細はこちら

技術情報 製品情報 設備情報
photo

0.8〜22mm位の板金と製缶の複合加工技術を持ち、寸法に対する精度のみならずデザインまで含めた技術要求の高い製品にも対応しています。また、お客様との共同開発やODMも行っています。

詳細はこちら

photo

鋼鉄製鳥居、音響装置付演卓、金属製砂時計を製造販売しています。OEM製品としては、機械式立体駐車場製品部品、油圧機器用タンク、重電設備筐体、建設機械用部品、工作機械用部品などを製造しています。

詳細はこちら

photo

板金加工機械を中心に設備しています。エンジニアの板金設計技術と熟練加工技術とを組合せ、最先端の製品を製造するための設備を整えています。


詳細はこちら

リクルート
photo

経験は不問ですが、何事も前向きに素直に取り組む姿勢を求めています。

新卒・第2新卒採用はこちら
中途採用情報はこちら

Corporate Information
・アマダ レーザー加工機 LC−2412F1NTを導入予定。(2017年6月予定)
・採用情報を更新いたしました。(2017年4月17日)
・KEYENCE 卓上三次元測定機を導入しました。(2017年3月15日)
・ホームページをリニューアルしました。(2014年11月28日)
・製品情報を更新しました。(2014年6月11日)
・あゆみを更新しました。(2013年11月15日)